日本の代表的な食べ物であるお寿司は世界で大人気!

日本の代表的な食べ物であるお寿司は世界で大人気!sushi

お寿司は世界で大ブーム

お寿司というのは もともと何処から来たのでしょうか?

他の国には無いの?

という疑問がわいてきます。

原型と言うか起源のようなものは東南アジアにあるようです。

しかし、新鮮な魚と酢飯を使って今のように食べるスタイルは日本が初めてのようですね。

お寿司は日本の製品や文化が認められると共に世界にその味が認められてブームになっています。

これがお寿司?というものまで見られるほど、世界中で寿司が人気になっています。

日本の料理の確かさがミシュランでも認められて世界の日本を見る眼が変わってきたのかもしれませんね。

誤解はあったけど、今や大人気となったお寿司をもっと楽しんでほしい

お寿司は生の魚を使っていますよね。

そのため、まるで私たちが魚をそのまま食べている・・・言うなればチョット野蛮でまずい物を平気で食べているというような誤解も長い間あったようです。

私たちも焼き魚や煮魚にする物をそのまま生で食べたりはしませんよね。

そういった物はさすがに生臭くてそのままでは食べられません。

しかし、何だかそんな風に思う人もいたようです。

ところが新鮮な魚を釣ったばかりのように美味しく料理して出されるお寿司がそういった認識を新たに美味しい料理として今や大人気になったのです。

見た目にも綺麗でお寿司のネタも沢山有るので沢山の人の好みに合うもの選べるのも人気の秘訣でしょうか?

ところで欧米の人はウニを食べるんでしょうか?

海草などはあまり食べないみたいです。日本人におなじみの海苔は黒い紙のように見えてしまうようです。

こういった食文化は周りを海に囲まれてその上今や養殖で多種の魚を育てている日本の強みでもあるといえるのではないでしょうか。

この頃、魚の収穫量が減ってきていると聞くようになりました。ぜひ養殖も頑張って欲しいですね。

私はウニが好きなんですが、ウニの養殖ってあるんでしょうか?

大好きなものが養殖で安定して食べることができるようになると嬉しいですよね。

また、魚の漢字で遊んでもらうのも面白いかもしれません。

湯飲みに魚の名前を漢字で書いてあるのを見たことはありませんか?

あれを外国の人に分かりやすく漢字と絵をセットにして書いてみるとか、いろんな角度からお寿司を楽しんでもらいたいと思います。

機械で上手に握るものが出てきたり、技術の改良でかなり機械かも出来るようにもなり、手軽に楽しめるようになりつつあります。

おもてなし心や仕入れの確かさで日本の寿司店が国際的なブランドとして認められオリンピックでも沢山の集客に一役かって欲しいですね。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ