日本の国旗ってツマラナイ?日の丸はダサイ?いや、よく見てみたら…

日本の国旗ってツマラナイ?日の丸はダサイ?いや、よく見てみたら…

nippon出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

【運動会の日を思い出す!日本の国旗=日の丸弁当の思い出】

白地に赤丸。

これを見ると、「ああ、運動会だなぁ・・・」って反射的に思ってしまう。

運動会の日には、青空に巨大な日の丸がたなびき、

国歌斉唱、準備体操、選手宣誓を、この日の丸の旗の下でおこなう。

そういえば運動会のお昼ごはんのお弁当は、必ず日の丸弁当でした。

hinomaru-bentou椎名林檎の『NIPPON』の歌にもあるように、

”「ハレ」と「ケ」の往来”がこの中にある。

ちなみに「ハレ」とは非日常を指し、「ケ」は日常を意味します。

この国旗の中では、白の下地が「ケ(褻)」、赤丸が「ハレ(晴レ/霽レ)」。

運動会は祭事でもある特別な日なので、

この日の丸がクローズアップされるというワケです。

うーん、このシンプルすぎる国旗、なんとなく眺めてきたけど、

いろんな深い意味がありそうな気がする。

【日本の国旗はツマラナイ?海外の国旗はデザインが面白いのに・・・】

kokkiじつは「日本のほかの国旗は華やかでいいなぁ」と外国の国旗に憧れを持ってた子供時代。

ユニオンジャックとか、それだけで面白いですもん。

たとえばTシャツやバッグにあしらってもサマになる。

でも、日本の日の丸モチーフをファッションデザインにしちゃうと、

なぜかキマらないんですよ。

そして、日本特有の皇国心(?)からか、「日の丸を崩しちゃいけない」

「日常に安易に使っちゃいけない」みたいな気分が、きっとどこかにある。

我々日本人の本能に備わっているジャポニズムなのか・・・?

nihon-kokki子供の頃から日本の国旗って、

正直「つまらないなぁ」「地味だなぁ」みたいな

ネガティブな印象が多かった(すみません日本国さん)んだけど、

あらためてじっくり日の丸デザインを見たとき、

「あれ・・・?意外とシンプルでムダがなくてオシャレなんじゃ・・・?」

と気づき始める昨今。

いや、以前は確実に旭日旗のほうがオシャレだと思ってたんです。

nissyouki出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

旭日旗。

こっちのが華やかで赤の分量も多い。いかにも「太陽です!」という輝き。

ピカッと放射状の光が差してる感じが、いかにも『日出ずる国』でステキじゃないか!

そう思ってたワケです。

ただ、この旗は軍旗として使われていたため、戦争色が強い。

思想の反映とも取られかねない今の時代ですから、

軽々しく使えないという背景もあります。

船舶事業などに使われるのはOKみたいですが。

nippon出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

で、あたらめてこの日の丸を見てみると・・・

とにかく簡素!赤と白しか使われていない。

中央に赤い丸しかない。

でもこれって究極にムダをそぎ落とした

完璧なミニマリズム(英: minimalismー物事を最小限に突き詰めた主義・傾向)

手書きで誰にでも即描ける!

おめでたい赤色で、太陽が中央にあしらわれたモチーフ!

赤と白のコントラスト!

赤い丸のほどよい大きさ!

「おぉ・・・日本の国旗って・・・じつはめちゃくちゃカッコイイ!?」

日本国旗のオシャレさに今更気づいた自分。

なんで「日本国旗はイマイチだ」と思いこんでんだろう?

その理由は、また別ページで考えてみたいと思います!



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ