小さいけど大いなる島国ニッポン!そんなに”島国気質”も悪くない?

小さいけど大いなる島国ニッポン!そんなに”島国気質”も悪くない?

nipponkoku出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

【日本の小ささにビックリ!こんなに小さかったのか・・・ニッポン!】

地球儀の上で見たニッポンが、こんなに小さかったとは・・・。

分かってはいたけど、改めて見ると、「やっぱり小さい・・・!」。

こうしてみると、中国大陸の防波堤のような配置になってます、日本列島。

世界公用語となった「TSUNAMI」などが生まれるのも分かる気がします。

 

太平洋側は完全に広い海に面していて、さえぎるものが何一つない。

すごい地形だな、と改めて思っちゃいます。

しかも、日本は「火山列島」とも呼ばれる国。

断層の上に並ぶ島国です。ゆえに、自然災害がとっても多い。

この厳しい地形条件の上で、よく日本人は耐えてきたな、と思ってしまいます。

rettouこの小さな島国には、約1億2千万人(※2014年時点)が暮らしているそうです。

なんだか信じられません。小さな土地に、ぎゅっと集まって暮らしている日本人。

鎖国が終わり、開国するまでは、この日本はほぼ独立した単一民族国家でした。

国土が小さく、しかも他国のどの土地とも干渉しない、閉ざされた島国・・・。

独特の文化が発達するのもうなづける環境です。

そして、世界から見れば、ナゾに満ちた小さな東国の島国です。

我々日本人からすると、生まれたときから住んでいる国日本に、

そんな神秘性があるとはオドロキなんだけど、

海外からすると、どこかナゾめいた未知の世界に映ることもあるようです。

【たしかに日本の『和』の文化は独特。欧米にはない色合いがある?】

shiro狭い日本の島国で、ほとんど海の外を知らずに生きてきた日本人。

「狭い国だからこその精神」が根付いている民族だと感じます。

それが『和』を重んじる精神です。

『和』とは、”序列や秩序を重んじ、周囲と調和しつつ暮らす”ことですが、

もし日本が、土地が有り余るほどの広大な国だったとしたら、

「もっと日本人の気風は違ってきてただろう」と思うワケです。

kaokuコトバはよくないかもしれませんが、『島国気質』というものがあります。

日本人のもともとの気質は、(最近は欧米化で変わってきたけど)

わりと閉鎖的だと感じます。少なくとも、開けっぴろげではない感じ。

まず、日本の国土の狭さだと、平和主義でないと暮らしていけないんですね。

地位ある人やお金持ちの人は別にして、

多くの日本の一般市民は、小さな家と庭を持ち、隣人に迷惑をかけないように

配慮しつつ暮らす傾向があると思います。

よくいえば慎ましやか、悪くいえばこぢんまりとしている民族。

海外の映画をみてると思うんです。

「ああ、日本の家屋がウサギ小屋って言われるのも分かるなぁ(笑)」と。

usagi国土の広い国では、自宅がとにかく広い!

庭も垣根がいらないようなおうちだってあります。

もちろん、日本の田舎のほうだと、かなり大きなおうちも多いですが、

なんだかちょっと規模が違うというか・・・。

私もただの市民でウサギ小屋に住んでいますが。

「この狭さに耐えられるのも日本人だからなんだろうな」と感じます。

こぢんまりと生きることに長けている民族。それが日本人です。

tikyuただ、グローバル化の進んだ現代では、世界を股にかけて活躍中の日本人も多い。

アフリカ在住の知人は、すごいヘクタール数の超豪邸(SP&メイド付)に住んでいます。

英語もペラペラ、人柄もオープンでダイナミック。かっこいい生き様です。

もちろん、一昔前なら「日本人らしくない」といわれたでしょう。

でも、そういう日本人の進化&気風の変化も受容しつつ、

古来の日本的な”こぢんまり”気質もなくさず、うまく受け継いでいきたいな、と

島国気質の日本人の私は思っています。

ちなみに、私は英語もいっさいダメですし、グローバル気質にまだまだ追いつかない。

アナログな島国人間なので、この小日本に骨をうずめる所存です。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ