『キル・ビル』の中の日本イメージがスゴすぎる!ザ・B級チャンバラ

『キル・ビル』の中の日本イメージがスゴすぎる!ザ・B級チャンバラkill1

【キル・ビルで描かれてる日本イメージがスゴイ!血しぶき&斬りまくり】

奇才・クエンティン・タランティーノ監督の『キル・ビル』。

今はまで出てるのかな?(私が観たのは1のみ)

題名のとおり、”Bill(ビル)という男を殺し(kill)にいく、ひとりの女の物語。

ストーリーは単純だけど、ミドコロはそこじゃなく、

やっぱりタランティーノ監督から見た日本の”こうあるべき!”みたいなイメージだと思う。

とにかく、「刀で斬って斬って斬りまくる」ことに

重点を置いた映画です。そして、ハンパない流血。

yun_7768x◆イメージ図です◆

障子紙に血がバーン!と飛ぶシーンとか、いかにもな”日本”です。

真っ白な雪の日本庭園にも、血がバンバン降り注ぎます。

ルパンの五右衛門の動きを実写にしたような映画。

そして、あの千葉真一氏が怪しげな服部半蔵として登場します。

アクションスターとして世界に名をはせている千葉氏。

復讐に燃えるヒロインにカタナを教えます。

でもふだんは寿司屋の主人。もうワケが分からない(笑)!gf01a201503310000じつはお刀使いの寿司職人・千葉氏のギラついたマナザシが印象的です。

日本人なら、マジメに観てはいけない映画かもしれない。

ツッコミ待ちみたいなB級加減なので、相当観る人を選ぶ映画。

でも興行収入はかなりのモノだったそうです。

【お金&手間がかかってるわりに、どこまでもイミフメイな超B級映画】

tate出典 http://gigazine.net/news/20150723-kill-bill-hanzo-katana/

ヒロインの敵の中に、ものすごい美人の女子高生が出てきます。

名は「GOGO夕張」。なんと栗山千明さんです!

日本人形のようなエキゾチックさを備えた栗山さん。

長いパッツン黒髪、切れ長の瞳がビューティフォーです。

なぜかチェーン付きの鉄球(?)を武器に使ってます。

ツッコミドコロですが、「ツッコんだら負けかな?」て感じ。

日本だと、「女子高生×カタナ」の組み合わせは鉄板ですけど、

なぜか鉄球使いなんですよね。なぜか。

uma出典 http://gigazine.net/news/20150723-kill-bill-hanzo-katana/

そして、ヒロイン役のユア・サーマン。

なぜか黄色のボディスーツ的なジャージみたいな服に、

千葉真一に授けられた日本刀。「ハンゾー・ソード」とかいうそうです。

なぜ着物でないのか、和服でないのか、とか気にしたら負け。

すべてなんとな~く流し観するのがイチバン。

hanzo出典 http://gigazine.net/news/20150723-kill-bill-hanzo-katana/

服部半蔵(千葉真一)に見込まれ、カタナを授けられているヒロインの図。

やたらめったら、日本っぽさが強調されている。

細部がいろいろ間違っているところも要チェックです。

いろいろとワケが分からないけど、ストーリーはさておき、

”斬った張った”で人がバタバタ倒れていくのをただひたすら楽しむ映画。

「ンなわけあるか!」とか言いつつ観るのがよろしいかと(笑)



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ