日本のトイレはウォシュレットがあり清潔!本当にすごい

日本のトイレはウォシュレットがあり清潔!本当にすごいa0960_004078_m

海外にいて痛感した日本の良い所、悪い所!日本の物について

海外に行って日本がすごいと思うのは、トイレが充実していることです。

日本では、どこに行っても大体ウォッシュレットが付いています。

そして、日本のトイレは、清潔で綺麗で、本当にパウダールームという感じがして、トイレではないみたいです。

海外に行くと、まずウォッシュレットは見かけません。

また、ある程度清潔なトイレはあっても、日本ほど行き届いたサービスをしてくれるトイレはありません。

a0960_006976

アジアの国などに行くと、田舎のほうだとトイレがあまり綺麗ではなく、ニオイなどもすごくて、日本の昔の汲取式和式トイレのことを思い出してしまいます。

日本も、50年も昔には和式の汲取式トイレが普通だったのですが、いつしか洋式が普及して、とうとうウォッシュレットなどがつくようになり、すっかりトイレの先進国になってしまった気がします。

はっきり言って、トイレのことだけでも、日本に住んでいてラッキーだったと思えます。

それぐらい、トイレというのは大事なものです。

a0002_002305_m

ウォッシュレットで温水が出るというのも至れり尽くせりです。

お湯は、ヨーロッパなどでもけっこう贅沢なものだったりするので、そういう贅沢が当たり前にできる日本のトイレは素晴らしいです。

海外では、トイレのことだけでも、日本が恋しくなることがあります。

日本のトイレは、入っているだけでゴージャスな気分になれて、とても癒される場所なので、トイレに入るのが楽しみになってしまうのです。

掃除も行き届いているトイレばかりだし、不潔なトイレというのはまず見かけません。

それが普通だと今の日本人は思ってしまっていますけれども、決して世界的には普通ではないということが、海外に行けばわかります。

まあ、日本のトイレは過剰にゴージャスすぎるのかもしれませんが。

しかしながら、トイレは、毎日何度も使うところだし、一人になる空間でもあるので、快適であることは大事だと思います。

ともかく、トイレにおいては、日本以上の国はないと思います。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ