ハリウッド映画「47RONIN」があまりにも間違っている件(笑)

ハリウッド映画「47RONIN」があまりにも間違っている件(笑)47ronin2

【そうそうたるキャスト、ものすごいCG技術。しかしコレは・・・?】

ハリウッド映画『47RONIN』を観ました。

キアヌ=リーブス、真田広之、柴崎コウ、浅野忠信、菊池凛子、赤西仁など、

豪華すぎるほどの顔ぶれ。すごくお金がかかってそうだし、

「ちょっと観てみよう」と遅ればせながらレンタルビデオ店に。

「47RONIN」は2013年の作品で、興行収入はイマヒトツだった、というウワサでしたが、

YOUTUBEで紹介動画を観たとき、

「これは映画会社スシタイフーンと同じ香り・・・!」と別の期待をしてしまったのです。

この映画はハリウッド版の「忠臣蔵」ということで、

47人の志士たちが出てくるんですが、

冒頭でいきなりCGの妖魔みたいなのが出てくる。

赤穂浪士たちは逃げ惑うんですが、その中にたった一人、異国の風貌の志士が混じっている。

それがキアヌ=リーブスです。

この武士キアヌ、勇敢にも1人でこの妖魔に立ち向かっていく。

私、この妖魔が完全に海外風のモンスターなので、ちょっと笑ってしまいました。

まだ鵺(ぬえ)みたいな日本妖怪だったら、救いがあったのかもしれない。

海外のファンタジーゲームの画面としてみれば、きっとハイクオリティの部類でしょう。

【ツッコミドコロ満載すぎる!?日本の浪人はこんなファッションじゃない】

47ronin1キアヌリーブスは異人風の見た目なので獣以下の差別的扱いを受けますが、
最終的にめでたく討ち入りメンバーに選ばれることに。

ただし赤穂浪士メンツに認められるまでに、キアヌにはさまざまな逆境が訪れますが、

もうファンタジックすぎて、どこか忠臣蔵なのかまったく分からない(笑)。

「北斗の拳」に出てきそうな10メートル以上の巨人の化け物とか、

「進撃の巨人」バリの骸骨男とかが出てきます。

本筋を追い損ねてしまうほどの激しい脱線っぷり。

teki出典 http://eiga.com/movie/56095/gallery/7/

完全に洋ゲーの世界です。

hime出典 http://eiga.com/movie/56095/gallery/3/

あと、ファッションや建物や背景がいろいろとおかしい(笑)。

いちおう、日本らしく桜も咲いてるし、ノボリ旗も立ってますが。

柴崎コウちゃんのお着物、どうなってるの???

フードとか付いてますね。モコモコしてます。※柴崎コウちゃんはカワイイです。

あと、背景の山々がとんがりすぎです。全体の色彩も妙にカラフルです。

sanada出典 http://eiga.com/movie/56095/gallery/2/

甲冑も装束も、日本のものではない。すべて、どっちかっていう中国寄りなんです。

でもココ、突っ込んだら負けかもしれない。

あくまでもハリウッドではファンタジーとして製作してるんですから、

忠臣蔵の解釈も自由でOKな気もします。

tourou出典 http://eiga.com/movie/56095/gallery/4/

「石灯籠、巨大すぎない!?」

とかTVの前でニヤけるのもいい。視聴者の楽しみ方も自由です。

真剣に「日本はこんなんじゃない!」とか「もっと勉強して欲しい!」と怒る人の気持ちも

分からなくはないですが、私はわりとスキです(笑)。

「海外から見たら、日本ってこんなイメージなのか」と考えると楽しいし、

われわれ日本人だって、海外への思い込みってけっこう激しいハズ。otome私も長らく、スイスでは花冠をつけた木靴の乙女たちが、

毎日のように山並を背景に

輪になってヨーデルを踊っているものだと思ってたんです。

人のことは言えないです。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

One Response to “ハリウッド映画「47RONIN」があまりにも間違っている件(笑)”

  1. […] 関連記事:ハリウッド映画「47RONIN」があまりにも間違っている件(笑) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ