日本とは違う?!アメリカでのママ友たちの会話

日本とは違う?!アメリカでのママ友たちの会話PPW_amerikakokkinokazaguruma_TP_V1

アメリカの「ママ友」の話

アメリカ在住の友人が子ども達を連れて日本に里帰りしていた時に聞いた話です。

日本に住む私が、ママ友との付き合い、子どもの幼稚園、小学校の役員についての愚痴をこぼし、聞いてもらっているうち、彼女はアメリカではママ友との付き合いはどうしているかという話題になりました。

PAK99_datesuruhutari20140301_TP_V1

日本人の夫婦は「愛していても」悪く言う?!

彼女は、アメリカ人または日本以外の外国人が多いエリアに住んでいるらしく、日本人の奥様たちとは一緒に過ごす時間が少ないそうで、いつも、アメリカ人女性たちといるとのこと。

ママ友の集まりでの話題は・・・?と尋ねた時、とても興味深い話を耳にしました。

「日本人ってすぐ、ダンナさんの悪口とか、愚痴を言うでしょ?ちょっと、自虐っぽくしたりして・・・」

そうそう!!言う言う!!私の周りもそうです!というか、私もそうです!!(笑)え?アメリカ人は言わないの??と聞いていると・・・。

「私の周りだけかもしれないけどね、アメリカ人のママ友さんたちは、いつも、ダンナさんを褒めるっていうか、何をしてくれるとか、これを手伝ってくれるかを話すの。いかに、自分が愛されているかというのを幸せそうに話すっていうか・・・」

なるほど!!これは文化の違い?または、たまたま、彼女の周りの方の人間性なのかもしれないけれど、新鮮に感じました。PED_akinokouentokoibito_TP_V1

家族を人前で褒めないのは「日本人の文化」

確かに、たとえば、日本人のママ友さんがランチに行き、「うちのダンナのいいところ」を話題にするというシーンに、遭遇したことはありません。

もちろん、夫に感謝していないわけではありません。

愚痴は言うけど、それとこれは別なのだろう、と暗黙の了解というか。

しかし、日本人ならではの謙虚さがそうさせるのでしょうか。

あるいは、恥の文化、照れでもあるのでしょうか?

もしかしたら、「うちのダンナさんはこんなにステキ!」と言ってしまった後に、妬まれてしまうことを恐れてのこと?

いずれにせよ、家族を愛し、誇りに思うからこそ、人前で家族を褒める。

そしてそれは、「愛されている私」という、自己肯定感の表れのようにも感じられ、前向きなスタイルと言える気がしました。

と言っても、急に、夫や子ども達のことを人前で褒めたりはできないのですが、その前向きさだけは、見習いたいと思いました。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ