「日本人の会社への忠誠心は異常かも?」と思う瞬間

「日本人の会社への忠誠心は異常かも?」と思う瞬間

kaisya【日本人は会社に忠義を尽くしすぎと言われているけど・・・?】

つい先日、TVで「ああ、いかにも日本人らしいな」と感じたニュースがありました。

点検か何かで止まった朝の通勤電車がなかなか動かず、

「大事な会議に間に合わない」と焦ったサラリーマンが、無断で電車から降り、

線路を歩いて会社に向かい始めたために、

そのほかの電車に大幅に遅れが出た、という内容でした。

そうまでして「会議に遅刻したくない」なんて、まさに典型的日本人salaryman海外にくらべて、日本のサラリーマンは会社に忠義を尽くしすぎると言われますよね。

悪い言い方では「社畜」と揶揄されるほどに、会社にたいして全力投球の日本人。

サボらない、有給は消化しない、育児休暇はとらない・・・。

海外からすれば、この日本人の忠誠心はどこか異常に感じられるみたいですね。

私は海外の働き方を知りませんが、日本で働いているときに、

「ああ、日本人ってやっぱり会社に対して尽くす民族なんだな」

と感じる瞬間が多々ありました。

【私が感じた日本の会社の異常さ。それは・・・】

jyuutaiある大雪の日、車で会社に向かった私。ところが、

雪のスリップ事故が目の前で起き、4時間以上立ち往生してしまいました。

会社についたのは結局午後1時を回っていました。

フラフラで会社に着いたら、なんと拍手喝采が起きたんです。

「えらいな、キミは!どんなに時間がかかっても会社に来るその気持ちが、

とにかく素晴らしいよ!」と上司からめちゃくちゃ褒められたんです。

ねぎらいのお茶まで出されたものの、その日は取引先も雪で全滅、

なんの意味もなく会社に定時まで居残り、仕事にもなりませんでした。

その日、会社には微塵も貢献していないのに、給料はしっかり支払われ、

あげく今までにないほど会社の人に褒められたんですが、

じつはその日は、雪の状況からUターンができなくて、やむなく会社に向かっただけの話。

「会社になんとしても到着する」、こんなことが日本ではほめそやされ、持ち上げられる。

なんともフシギな話です。

もしこれが海外なら、

「今日は取引先の社員も出社してないし、仕事にならないのでUターンして帰宅していいよ」

となるハズなんですね。

ところが日本では、”どんな犠牲もいとわず、会社にたどり着くこと”が立派とされる。

何だか変です。

会社は利益を生む場所なのに、日本ではまだまだ会社への忠義が持ち上げられる国。

合理的な海外からしてみたら、こんな日本社会って異常に映るんではないでしょうか。

日本に住んで、日本で働く私でさえもそう思うんですからね。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ