日本の標準マークが変わっていく・・・!温泉もトイレも世界基準?

日本の標準マークが変わっていく・・・!温泉もトイレも世界基準?

出典 http://www.asahi.com

【慣れ親しんだ文化にサヨナラするのはツライ・・・!】

「温泉」とタイプすると、環境依存文字で「♨」のマークが出てくるほど

我々の暮らしにすっかりなじんでいる温泉マーク。温泉の街にいくと

至る所で遭遇し、「ああ、温泉に来たんだなぁ」とホッコリします。

ところがシンプルで分かりやすいこのマーク、海外の人からすると「?」だそうで、

温泉マークを知らない外国人には「ラーメン」「焼肉」に見えるらしいです。

そう言われてみれば・・・と目からウロコなのですが、これを世界基準にすると、

出典 http://www.asahi.com

「混浴」に見えてしまう。(日本人目線)

これ、”親子連れでお風呂の図”なのですが、

混浴と間違う人が続出するのもそれはそれで問題な気が・・・。

しかし、海外の人にしてみたら、

「この3人の絵のほうがしっくり来る」とのこと。

うーん、やはり我々は慣れ親しみすぎて、各種マークを客観視出来なくなってます。

で、結論はというと、”どっちの表示でもOK”だそうです(ホッ)。

妥協案ですが一安心。

そういえば衣料の選択表示マークも徐々に世界基準に変わっていくとかで、

急速なグローバル化についていけるかどうかちょっぴり不安・・・。

【お手洗い関連は、完全に海外基準へ】

このマーク、なんだかお分かりでしょうか?

じつはウォシュレットの「乾燥」マークなんです!三本の横線・・・ナゾめいてますね(笑)。

このように、さまざまな簡略表示方法が日本式⇒海外基準へと変わっていく。

時代の変化を感じますね。それと同時に、従来のマークが見られなくなるのも

ちょっぴり寂しい気がします。

こっちはどうでしょうか。便器ということは分かりますが、

一瞬なにがなんだか分からなくなりそう!

これ、左は「便フタ開閉」、右は「便座開閉」マークだそうです。

一度覚えたらOKそうですが、初見だと「?」になりそう。

さらにこちらはどうでしょうか。

左は「便器洗浄(大)」、右は「便器洗浄(小)」のマークです。

こちらも慣れてしまえば平気なものの、初めてだと戸惑うかも?

世界基準に合わせることを「迎合」と捉える人もいれば、

「時代の流れにふさわしい」と感じる人もいて、意見はマチマチ。

日本独自の文化も大事にしつつ、

日本を訪れる人にも優しいオモテナシができるのが理想的。

しばらくは新旧のマークが入り混じるため、混乱を招きそうですが

これも改革に必要な混乱と思って乗り越えたいものですね。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ