タイに行って気がついた「日本の公共交通機関」の素晴らしさ

タイに行って気がついた「日本の公共交通機関」の素晴らしさa0960_001746

タイのバンコクの「バス」公共交通機関事情

タイのバンコクに住んでいた頃、私は車を持っていなかったので、いつも公共交通機関を使ってから移動していました。

移動する手段として使っていたのは、バス、BTSスカイトレイン、タクシー、バイクタクシー等です。

中でも主に使っていたのは、市内バスで、エアコン付きバスと普通のバスを利用していました。

でも、いつも思っていたのは、タイの市内バスには、降りるのを知らせる押しボタンは有っても、次のバス停は何処か等アナウンスが表示されないので、自分が何処で降りるのか、ある程度の景色を知っていないとなかなか難しい所が有りました。

それだけではなくて、バスの中にバス代を集める人がいるのですが、その人の対応の悪い事と言ったら半端では有りません。

どのバスに乗っても余り対応の良いバスの運転手、そして料金を集める人はいませんでした。

a0950_000018

タイのバスは「危険」がいっぱい?!

バスも時間通りに来る事はまずなく、バスの時間なんてないような気がしました。

それも人がいっぱい乗っている時はドアからはみ出して乗っているので、物凄く危ないし、バスの中はスリや痴漢が物凄く多く、私も何度か酷い目に合いました。

バスもバス停に止まらず、道路の真ん中路線で止まって乗客を降ろしたり、とにかく危なくて仕方が有りません。

実際に私は、道路の真ん中で下ろされて交通事故に合いました。

a0002_001446

世界と比べた日本の「公共交通機関」は、安心で安全?!

次によく利用していたのは、タクシーですが、タクシーの運転手もメーター毎に料金が変わるのですが、わざとメーターが早く進むように設定しているタクシーも少なくなかったり、わざと遠回りをして料金を余分に取ろうとしたり、相手が日本人等観光客だと分かると指定した場所以外に連れて行こうとしたりするようなタクシーもいて、本当に安心して乗れるようなタクシーはいませんでした。

それに比べて日本のバスやタクシーはしっかりしているな、と思いました。

バスは時刻通りには必ず来るし、運転手さんも比較的親切に対応してくれたり、バスの中も清潔に保たれているから、安心感があります。

タクシーもとても綺麗に掃除もされていて、わざと遠回りをしたりするような人もいないと思うし、日本の公共交通機関は凄いと思いました。

そのサービス精神と、時間を守ったり、安全のために配慮をしている日本と、安全は関係ないような感じで運転をしているタイのバスやタクシー、バイクタクシー等は本当に怖いな、と思いました。

日本のサービスは、本当に素晴らしいと、タイのバンコクに住んでいて思いました。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ