初夢に縁起のいい「一富士二鷹三茄子」、意味を勘違いしてた(笑)

初夢に縁起のいい「一富士二鷹三茄子」、意味を勘違いしてた(笑)hatsuyume

【えっ?一富士二鷹三茄子ってそういう意味なの??】

子供のころ、お正月に親戚一同が集う場で、

「初夢、見た?”一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)”♪」

と大人に口々に尋ねられたのを懐かしく思い出します。

私自身は一度だけ、富士山の夢を見たことがあります。

眠る前に、この3つをイメージして寝たら、一瞬だけ夢に富士山が出てきて、

大喜びしたのを覚えています。

「今年は縁起のいい1年になりそうだなぁ」とワクワクしたものでした。hujisan1でも、鷹&茄子は一度も夢に出てきたことがありません。

そもそも、ってふだん意識しない鳥ですし、

茄子も食材として一般的なので、お正月に思い出すこともあまりないんですよね。

しかも私、「一富士二鷹三茄子」と言うからには、

<1つの富士山、2羽の鷹、3本の茄子>のことだと思ってました。

↑これ、間違いなんですよね~。長年、最近までホント知らなかったです!takanasubiじつは「初夢に、この順番でこのモチーフが出てくると良い」という意味らしいです。

けっこうまわりでも、間違って覚えてる人、多いのではないでしょうか?

また、”初夢”とは12月31日の晩に見る夢のことではなく、

1月1日~2日または2日~3日にかけての晩に見る夢のことらしいですね!

(↑これも間違って覚えていた)

日本人なのに、自国のコトバもおぼつかない。ちょっと恥ずかしいかも・・・★

ちなみに、モチーフの意味は、

富士山=「無事」、鷹=「高い」、茄子=「成す」だとか。

ほかにも諸説さまざま。昔から言われている言葉なのに、

その意味を知らないことって多いですよね。

【「一富士二鷹三茄子」には、まだ続きの数字があった!?】

ougiなんと、「一富士二鷹三茄子」には続きがあるそうです!

「四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)」といって、

どれも縁起のいいモチーフばかりなのだとか!

では、順にみていくと・・・

◆扇・・・なんとなく分かりますよね。末広がり。これは、”一富士”と同じ形です。

◆タバコ・・・人々の集まりを意味するとか、煙が上に上がるから縁起がいいとか言われてます。

これは鷹に対応しており、”上昇”を表すのだとか。

◆座頭・・・琵琶法師のように髪の毛のない盲人のこと。

”毛がない”⇒「怪我ない」とされ、息災を表すモヨウです。

茄子にも毛は生えてないので、”座頭=茄子”に対応している、とのこと。

なんという奥深さ・・・!

ちっとも知らなかったです!もったいないなぁ、知れば知るほど面白いのに。yume来年の元日以降は、この6つのモチーフを意識しながら、

眠りについてみたいと思います!



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

One Response to “初夢に縁起のいい「一富士二鷹三茄子」、意味を勘違いしてた(笑)”

  1. […] 関連記事:初夢に縁起のいい「一富士二鷹三茄子」、意味を勘違いしてた(笑) […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ