海外に行ってみてわかった!「日本の100円均一はすばらしい」

海外に行ってみてわかった!「日本の100円均一はすばらしい」building_100en_shop

アメリカの1ドルショップが日本でいう100円均一だと思ってたけど・・・

5年間、アメリカで生活していました。

日本で生活しているときは100円均一で手に入るものが安くて便利だと思っていました。

100円均一で安くて便利に手に入る日常が当たり前だと思っていました。

アメリカに引っ越しが決まったとき、アメリカにも1ドルショップがあることを知りました。

日本の100円均一ほどの質ではないけど、ある程度便利なものが手に入るだろうと考えていました。

しかし、アメリカに行って1ドルショップの行ってみるとその期待は大きく外れました。

他の店で1ドル前後で売っているようなものをかき集めただけのお店だったのです。

また品質も悪かったです。

1ドルで売っているタッパーのふたが割れていたり、紙コップや紙皿は非常に弱かったり、キッチングッズもすぐに壊れそうなものが多く、がっかりしてしまいました。

わざわざ1ドルショップに行かなくても、他の店で質の良いものを購入したほうがマシだと思ったくらいです。

日本に帰国するときは必ず100円均一に行くことが必須に!

幸い、私の住んでいる地域に日本のスーパーがありほんのわずかですが100円ショップの商品が置いてありました。

しかし、輸入品なので3ドルで売られていて、買う気にもなりませんでした。

結局、日本の100円ショップでいつも買って重宝していたキッチンスポンジや洗濯ネットなどの家事用品、ふせんや蛍光ペンなどの文房具、ナイロン袋などを両親に購入してもらって送ってもらいました。

それからというもの、一時帰国した時には100円ショップに行くことが必須であり、楽しみでもあるようになりました。

100円ショップに行くたびに、次に帰国できるであろう1年先くらいまでの消耗品を5000円くらい買い物してアメリカに持ち帰っていました。

そして帰国する毎に100円ショップの質がどんどん上がっていているのを実感するようにもなりました。

消耗品だけでなく、インテリア用品、アイデアグッズと色々な分野で、これがたった100円で手に入るの??と思う商品が増えています。

海外で生活してみて100円ショップの有難さや、便利さ、そして日本の技術のすばらしさというものを改めて感じました。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ