日本人からの脱皮?外国コンプレックスの表れ?日本のヘアカラー事情

日本人からの脱皮?外国コンプレックスの表れ?日本のヘアカラー事情kurokami

【日本人はなぜ黒髪を茶髪に染めるのか?】

中学、または高校を出るあたりで、

多くの女性が髪を染めた経験があるのではないでしょうか?

自分自身もその1人。

校則の厳しい高校を出た後は、

茶髪のほか、いろんなニュアンスカラーに染めていました。

今思うと、黒髪率のほうが圧倒的に低かった。

黒い髪色に手を加えず、ありのままを貫く人って、

思い返せば「周囲に流されず偉かったな」と思ってしまいます。

もともと、日本人は横並び思想が大好き。

日本の学校って、海外のような自由な気風が少なく息苦しいので、

その校則から解き放たれたとき、反抗期も相まって髪を染めたくなる。

今、当時のアルバムを開くと、

茶髪の女性の多いこと多いこと・・・!hair-color結局、日本人は10代後半~20代前半にかけて、

画一的な茶髪になってしまい、量産型の横並びになってしまう。

ただ、現在では事情も変わってきて、ゴスロリ文化も流行してるので、

ハタチ前後の女の子を見ると、

ドーリーな黒髪ぱっつん派、または茶髪派の二極化が進んでいる気がします。

茶髪派に対しては、「せっかくの日本人らしい黒髪をわざわざ傷めるなんて!」

という批判の声も少なくないんだけど、

それでも日本の女子&女性たちは、髪のカラーリングをやめない。

それはなぜか?

黒髪だと、

日本人の薄い顔がますます薄く見えてしまうからだと

私は思ってます。

【やっぱり外国コンプレックスが強い!?我々日本女性の深層心理】

eyes日本人の瞳って、じつは真っ黒ではありません。

どっちかというと、茶色がかっている人が多いです。

そういえば、日本人と同じ黒髪人種には、

インド人やフィリピン人、タイ人などが挙げられますが、

彼女たちは顔立ちが日本人よりくっきりしている気がします。

彫りが深く、瞳も茶系より、どっちかというと黒みがかっている。

だから、黒髪が映えるんじゃないか、

そのままでも野暮ったくならないんじゃないか、と。

もちろん、日本人でも、芸能人などで顔立ちがハッキリしている人

(栗山千明さんや石原さとみさん、掘北真希さんなど)は、

黒髪でも洗練されてて美しいんですが、

大多数の一般人女性は、なかなかそうはいかない。

「黒髪はちょっと重く感じる」からこそ、ないものねだりで

軽やかさを出したくなるものなのではないでしょうか。

私自身も、日本人らしく顔が薄く、目の色も薄めです。

なので、ハタチ前後の頃は、

手っ取り早くあか抜ける(実際には垢抜けてないけど)には、

「髪染めが一番」と思ってたクチです。

それに、少し髪を明るく染めると、

薄い顔立ちが少しクッキリするような気がするんです。

海外には「日本人の目はのようだ」と揶揄する人も多いんだけど、

それは民族的な顔立ちなので、どうしようもない。

ただ、確かに日本人は総じて(とくに女性)、

「目を大きく見せたい」願望が強いように思います。makeさいきんの日本女性のメイク方法を見ていても、

日本的な美を求めるより、西洋的な美を求める傾向にありますよね。

ドーリーメイクはまさにその好例。

brown日本人って、やっぱり潜在的に海外に憧れを抱いてるんですよ。

だから、髪色だって黒を脱して、

外国風の淡くやわらかな色にチェンジしたくなる。sayokoだって、山口小夜子さんみたいな日本的黒髪美人って、

我々一般人にはなかなか目指せるものではない。

東洋美人メイクのほうが、難易度高い気がするんです。

逆に、メイクで盛りまくる分には、

どっちかというとドーリーメイクのほうがマネしやすいかも?

・・・なんて、私は勝手にそう思ってるんですが、どうでしょうね。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ