アメリカと日本の「良いところ」「悪いところ」

アメリカと日本の「良いところ」「悪いところ」PPW_amerikakokkinokazaguruma_TP_V1-1

アメリカと日本の「商品サイズ」の違い

アメリカ(ハワイ、カリフォルニア、サンフランシスコ)では、商品の品数が半端なく多いです。

同じ種類でも、会社、味、大きさなど細分化されています

日本でも、最近はプライベートブランドが幅を利かせるようになってますし、大量買い物、コストコなどもあります。

しかし、大多数の一般販売店は、それほどでもありません。

海外でも、市場で少量販売がない訳ではありません。

しかし、ある程度の安心と安全を担保されている店では、小口買い物は難しい場合もあります。

高齢者のおばあちゃんが、バケツサイズのアイスを買うというシーンを目の当たりにした時ですが、そのおばあちゃんは「おなかが冷える」という理由でアイスを敬遠していました。

それが、私には衝撃的でした。

アメリカでは、肉も、ジュースも、「大家族サイズ」です。

一人暮らし用サイズなどはなく、日本とはちがうな…とつくづく思い知らされました。

大食いの人には、アメリカのほうが暮らしやすいかもしれません。

B112_syunonso-jyou_TP_V1

アメリカの建物にビックリ!

次は、建物でびっくりしました。

世界的有名な、ナイキの店ですら雨もりしていました。

店舗内に、堂々とバケツと「雨もりです、注意して」の看板がありました。

ガイドさんによると「普段、降らない州だから」と、当たり前のように言われたのは驚きでした。

N811_nihonoitekebori_TP_V1

日本は「下着のサイズ」が少ない

では、日本がすべていいかと言われれば、女性として日本は残念なことがひとつあります。

それは、下着のサイズです。

はっきり書けば、ブラジャーのサイズがA、Bカップ、おまけで、Cカップまでは、かわいいデザインがあるのに、Dカップは、デザインが一気に、おばさま向けです。

とりあえず、レースついてますよ、程度しかない。

E、Fカップに至っては、残念度が増すばかりです。

Gカップの友人は、品物自体がないという悲惨な状況です。

A、Bサイズは、いくらでも可愛いデザインがあり、種類も豊富、安い品物もあるというのに、大きくなると、デザインも種類もありません。

価格も、2倍近く変わるときがあります

しかし、アメリカでは、大きいサイズでもレースたっぷり、可愛い色、種類も豊富でした。

この点に関して日本の下着メーカーには、頑張ってもらいたいです。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ