フリーイングの可動式フィギュアがフリーダムすぎる・・・!

フリーイングの可動式フィギュアがフリーダムすぎる・・・!

FREEing(フリーイング)というブランドから出ているフィギュアが

今話題になっています。

とりわけ人気なのが、「黒衣(くろご)フィギュア」。

今までにありそうでなかった黒子タイプの名脇役。これはかなり精巧!

使い道はすぐには思いつきませんが、きっとアチコチであとあと役立つことマチガイナシ。

黒衣は「くろご/くろこ」と読み、歌舞伎や人形浄瑠璃の世界で生まれた用語です。

観客からは”見えているのに見えていない設定”というお約束で、

舞台上のさまざまな手助けをする大切な役割。ちなみに「黒子(くろこ)」は当て字で、

正しくは「黒衣(くろご)」だそうです。

まるで忍者のような佇まいがステキ。間違いなく売り切れの予感ですが、

2017年現在は未発売。発売予定日は、2018年3月31日だそうです。

FREEing(フリーイング)のフィギュアがかなりツボ(笑)

FREEing(フリーイング)のフィギュアはどれもこれも個性的。

笑いの分かるあの人にギフトするのもいいかも?

漫画&アニメキャラ、ゲームキャラフィギュアやグッズのほかにも、

「いつ使うんだか分かんないけど無性に欲しくなる」系のフィギュアが揃ってます。

この「写楽作 三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」フィギュアとかかっこよすぎ。

一瞬どこに飾ればいいのか迷いそうですが、お正月に玄関に飾ると

すごくオシャレかも?なんてステキな妄想が捗ります。

私なら富士山の絵をバックに、純和風なポーズを決めさせたい感じ。

例のあの人です。円の中に収まってる彼・・・名前は知らない。

正式名称は「ウィトルウィウス的人体図」で、建築家さんなんですね。

しかし、元は2Dの図解のはずが・・・

なぜか手足多めで走り出してしまうという暴挙!こういうのスキです。

いろんな意味で怖いけど、傍にあったら絶対遊んでしまう系。

「サイレントヒル2 レッドピラミッドシング」の可動フィギュア。

これ、質感スゴイです。サイヒル大好きな人にはたまらない逸品。

可愛い系フィギュアと組み合わせたり、ジオラマに置いたり。

三角頭の恐怖が蘇る・・・!

なんと、「叫び」の可動フィギュアが手でハートを象っています・・・!素敵。

普段は怖いこの人も、ちょっとお茶目なポージングなら、

少し親しみが湧こうというもの。そういえば、この人は誰なのか?

じつは、一説に「ペルーのミイラがモデル」とされているらしいんです。

(たしかに顔の感じはミイラっぽい)

初めて知ったのですが、この作品はこの人物が叫んでいるわけではなく、

”叫びを聞くまい”と耳を塞いでいるのだそうです。

大口を開けているので、この人が叫んでいるものだと思ってました(笑)。

以上、私が惹かれたFREEing(フリーイング)のフィギュア紹介でした♪



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

One Response to “フリーイングの可動式フィギュアがフリーダムすぎる・・・!”

  1. […] 黒子のフィギュア爆誕!あなたは何に使うのか? […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ