悲観的な意見もあるけど、海外と比べると日本はまだまだ安心できる国

悲観的な意見もあるけど、海外と比べると日本はまだまだ安心できる国PAK75_kokkaigijidou20140905163736_TP_V1

「日本ってどんな国?」と聞かれたら・・・

日本と言えばどんな国?

と聞かれたらまず私は

安全で安心な国

という言葉が頭に浮かびます。

ひところに比べれば危険なところも増えたかもしれませんが、それでもまだまだ日本は安全な国だなと感じます。

女性が夜道を一人歩きしていても、よほど人影のないところなどでない限り基本的には大丈夫です。

普通に暮らしていれば危険人物に遭遇することはまずありえません

昔、海外ドラマを見ていたときのことです。

主人公の女性が大都市の人影のない通りで強盗に刃物を突き付けられるシーンがありました。

しかし、東京ならどれほど人気のないところでも強盗にあうことなどまず考えられません。

もちろん中には通り魔事件を起こしたり、強盗をする人もいます。

しかし、基本的には皆さん自分が救われるために他人を襲おうとする極端なものの考え方はしません。

結局のところ、信用できる人が多いということになるのでしょうか。

日本人はモラルが高くあることを意識できる人が多い

街中で落とし物をしてもきちんと持ち主のところに返ってくることが多いです。

もちろん中にはお財布などの中身を抜き取られてしまう運のない人もいます。

でも、私の経験では落とし物をして、無傷で返ってきたことがよくあるのです。

以前、携帯電話を落としたことがありました。

こちらから自分の携帯に電話をしたらたまたま拾った方が電話に出てくださったのです。

その後、無事に落ちあい携帯を受け取ることができました。

また、私の家族は一度、鍵やら財布やら手帳やら、大事なものがたくさん詰まった入れ物を落としてしまったことがあったそうです。

しかし、これも中身が一切損なわれることなく警察に届けられていました

後日、拾ってくれた方に感謝とともにお礼をしたのは言うまでもありません。

日本人のモラルが低下した。もはや安心できない

と人間不信になるような言い回しで社会を語る人が本当に増えました。

それでも多くのまともな人は自分が高いモラルの人であろう、と意識しているように思えます。

そういう人の意識が安全・安心を作っているし、これからも作り続けると思います。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ