イタリアの「ピッツァ」と日本の「ピザ」の違い

イタリアの「ピッツァ」と日本の「ピザ」の違いa0001_017708

海外にいて痛感した日本の良い所、悪い所!日本の物について

ピザ!美味しいですよね!

厚い生地のピザ、薄いクリスピータイプのピザ。

私は薄いクリスピータイプのピザが大好きです。

こちら日本では、日常的に食べるにはそこそこ値が張るピザ

1枚2,000円前後の宅配ピザをイメージしますが、あれはアメリカで生まれたものなんですよね。

と、日本人はついつい「ピザ」と言ってしまいますが、本場イタリアのものはイタリア語で「ピッツァ」と呼ばれるんですね。

a0001_015673

初めてナポリでピッツァを食べた時のお話です。

まず驚いたのは、ピッツァの大きさ

イタリアでは、日本のサイズとほぼ同じ大きさで1人前としてサーブされます。

日本では切り分けられた1枚を何人かでシェアしますが(一人で食べられる方もいますが)、イタリアでは1人前・・・・・・。

実際出てきたピッツァを目の前にして、「こんなに一人では食べられない・・・・・・」とナイフとフォークを持ったまま、佇んでしまいました。

a0800_000103

そう!ここでまた違いが。

手ではなくナイフとフォークで食べるんです。

なんて上品な。

そうかと思えばローマでは「イタリア版ファストフード」的なお店で、フレッシュチーズやハーブをふんだんに使った「贅沢なピッツァ」や「紙のように薄く延ばしたピッツァ」等の個性的なものを、フレッシュジュースとともに食べ歩き

ピザの周りのソースがついていないところ、日本人なら律儀にというか普通に食べてしまいますよね?

ナポリの現地の人は「そこは食べないよ!」と言いながら、ナイフとフォークではずしたり、手ではずしてから頂いていました。

所変わればですね!

PAK75_toreinookane20140305-thumb-815xauto-16869

冒頭に軽く触れた、ピザのお値段

日本では1枚2,000前後ですが、ローマでは5~10ユーロ、だいたい800円前後

ナポリにいたっては、4ユーロくらい500円くらいです。

やはり、本場のものは何処よりも安くて美味しい

その土地や空気で、更に美味しく感じられるのかれるのかもしれません。

安い!とにかく、安くて美味しくて

ナポリの青空の下で頂いた「ピッツァ」、最高でした!

イタリアの安くて美味しい「ピッツァ」

日本の高すぎる「ピザ」

日本でも「ピッツァ」をもっと手軽に、本格的なものを食べたいです。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ