海外に滞在してみて感じた「ありがたい国、日本」という思い

海外に滞在してみて感じた「ありがたい国、日本」という思いN784_irassyaimaseokami_TP_V

海外での暮らしは日本ではあり得ない光景の連続

以前は、よく海外旅行に出かけたものでした。

特にニュージーランドでは6カ月ほど滞在したことがあり、刺激的で楽しい毎日でした。

でも、それ以降はいっさい海外旅行には出かけていません。

なぜなら私はやっぱり「日本が好き」だということを思い知ったから。

その思いに至った経緯についたお話したいと思います。

ニュージーランドでの生活は、確かに刺激はあるけど「安心」はできないという印象でした。

お店で買い物をしようと並んでいると「いよいよ私の番」と思った瞬間に急にレジが閉鎖してしまいます。

理由は店員さんの勤務時間が終了したためです。

これは日本ではまず、あり得ない光景です。

ホテルの部屋に入ると、部屋の中には飲みかけのコーヒーカップが散乱し、ゴミ箱にはゴミがいっぱい。

フロントに苦情を申し立てると、悪びれた様子もなく

「ごめん、ごめん、忘れてたわ」

というノリでの返答。

30分ほどしてやっと片づけに来ましたが、その様子をみていると

「本当にこの部屋はきちんと掃除されているのだろうか」

と疑問を感じずにはいられませんでした。

しかも一泊1万円クラスのホテルでの出来事です。

それ以外にも、荷物の搬送間違いや、約束事を忘れる、注文を間違えるなどという出来事が日常茶飯事

「おおらかでフランク」という見方ももありますが、裏を返せば「仕事に対する責任感が皆無」と言えます。

少なくとも私にとっては、居心地の良い環境ではありませんでした。

最近は、もっぱら日本での高級旅館で滞在することを楽しみにしています。

日本を旅行して感じた「ありがたい」という感謝の思い

海外で感じた思いとは、真逆の驚きが、日本での旅にはつまっています。

「ここまで気を配ってくれるのか」

「ここまで気づいてくれるのか」

というその驚きとともに、心の中に「ありがたい」という感謝の思いが芽生えます。

部屋に生けられた一輪の花やお香の香り、すみずみまで掃除の行き届いた空間、爪の先まで神経の行き届いた「おもてなし」の対応。

このような素晴らしいサービスを楽しめる「日本」という国の国民であることに誇りすら感じます。

「細かい、窮屈、神経質」などと感じる人もいらっしゃるかもしれません。

でも、私はやっぱりこんな日本が大好きです。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ