実際に行ってみて驚いた!日本のトイレとカナダのトイレの違い

実際に行ってみて驚いた!日本のトイレとカナダのトイレの違いa0002_002305_m

日本のトイレは海外のそれと比べても「とても快適」だった

日本のトイレは他の国々に比べて快適に設計されているとよく言われています。

代表的な例を出せば、日本のウォシュレットです。

実はウォシュレットは日本以外ではあまり見ることはありません

今回は、カナダでも大都市であり、人気のバンクーバーを例に日本のトイレとの違いについてみてみます。

日本のトイレはとても高性能です。

トイレ用擬音装置の音姫やのウォシュレットトイレがあり、衛生状態がとても良好です。

例えば、日本のモールにあるトイレには基本的に、荷物置きが設置されています。

便座は、冬なら温まっており、ウォシュレットである、そして女性なら音姫を使う人も多いと思います。

手を洗う時も温かい水が出てくると思います。

しかし、バンクーバーにあるモールは全く違います。

個人のトイレには鍵が壊れていることがあり、修理されるまでは、手で押さえてなくてはいけません。

荷物置きも同様に壊れていることがあるので、荷物を置くスペースが限られていています。

そして便座はウォシュレットではありません。時折流れが悪いことがあります。

日本のトイレは実はとても高性能

日本には公共施設、飲食店やその他のお店にはトイレが完備してあることが多いです。

日本では、外出先にいてもトイレを利用できる場所があります。

例えば、多くの駅には公衆トイレがあり、車両によっては電車を完備しているものもあります。

飲食店には、店舗にトイレがあるもしくは、同フロアにトイレが設置されている。

また、公園には公衆トイレがほとんど設置されています。

一方、バンクーバーにではトイレが設置されている駅は、ほとんどありません

トイレはレストランもしくはモールに行かなくてはいけません。

バンクーバーの場所によっては、トイレを使う際に鍵をもらってからでないと利用できないところもあります。

例えば、china townの付近にあるスターバックスには鍵がかかっており、外から入っただけでは利用することができません。

利用する際は、レジにてトイレを使用したい旨を伝えると、鍵を開けてくれます。

もしくは鍵を自分で所定の位置にとりに行かなくてはならないです。

その理由は、防犯や色々あるそうです。

日本のトイレは、他国に比べて、高機能であり、とてもきれいです。

それは、日本から海外に出ることによって初めて気が付く日本の良さであり、大切にしていくべきことだと思います。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ