日本人は一日三食がキホンだと思い込んでるけどインド美人は・・・

日本人は一日三食がキホンだと思い込んでるけどインド美人は・・・

インド。とにかく美女の多い国というイメージです。

情熱的なまなざし、高く細い鼻梁、きりりと締まった眉・・・。

お肌も髪も艶やかで美しい。ほんとウットリ級です。

しかもカーヴィーでセクシーな健康的なBODYを保っている感じ。

「やっぱりカレーのスパイスのお陰で、あんなスタイルなのかも・・・」

と思いきや、ほかにもインド美女が実践しているライフスタイルがありました。

かの有名な”アーユルヴェーダ(Ayurveda)”

インド女性の美のヒミツは、アーユルヴェーダにありました。

よくエステやヨガなどで耳にする言葉ですが、実はあまり詳しく知らない。

実はアーユルヴェーダは、スリランカ発祥の世界三大医学の1つだそうです。

サンスクリット語の「Ayuh(生命・寿命)」+「Veda(科学・知識)」が語源。

人間がもともと備えている自然のエネルギーバランスこそが心身に影響を及ぼす、というわけで、

それに働きかけるライフスタイルを指します。

病気になってから治すのではなく、病気にならないようにする(=予防医学)に基づいており、

生命科学や実践法(食事&健康法など)について幅広く網羅する分野です。

そして、中でも食事で気を付けているのは、”お腹が空いたときにだけ食べる”ということ。

インドは世界の中でもスタイルに厳しい目を持つ国とされていて、

自己管理ができているかどうかが重要とされているんですね。

もちろん、日本も世界中でかなり細身な国民ですが、

インドはカーヴィーでナチュラルな美しさをたたえていると思いませんか?

肉付きらボディラインが根本的に異なっている気がしますが、

それもアーユルヴェーダのお陰かもしれませんね。

日本人は1日3食をキホンにしているが・・・

私たちは、定刻になると「あ、ご飯食べなきゃ」という意識で食事を摂ります。

お腹が空いていなくても、「時間だから」「食べなきゃもたないから」と言いつつ

きちんと3食摂るのが理想的とされますよね。でもインドの女性は、

”お腹が空いてから食べる”。これもアーユルヴェーダに基づいていますが、

とくに食事回数は決まっていないのだとか。

アーユルヴェーダの考え方では、皆一様に同じライフスタイルをとるのでなく、

おのおの自分に合ったライフスタイルを見つけ、それに従うスタイル。

なので、自分の体質にあった食べ物しか摂らないんです。

「私の体に足りていないものは何かしら」と考え、実践するのみ。

日本人の食事の在り方とは一線を画しているんですね。

日本でもアーユルヴェーダの生活法を取り入れて、ハマる人も多いですが

大抵の人がなんとなく習慣で、1日3食きっちり摂ってしまう。

ところが”縄文時代は日本人は1日2食だった説”もあり、

ほんとに3食も必要なのか、よく分からない。

この飽食の時代、1日2食に減らしても、栄養不足にならないような気も・・・?

でも、これも個々の体質によるので、なんとも言えず難しいところです。

「最近食べ過ぎてるなあ」「太ってきた」などとお悩みの方、

一度インド美女の生活法”アーユルヴェーダ”について知るのもいいかもしれません。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ