海外に行ってみて分かった!和食は日本で食べたほうがなぜか美味しく感じられた

海外に行ってみて分かった!和食は日本で食べたほうがなぜか美味しく感じられたSAWA_saikyouteisyoku_TP_V

 

その土地の風土も料理のスパイス

私は何度か海外旅行に行くたびに、和食が恋しくなり、現地にある和食屋さんを探して食べに行きます。

中には現地に住んでいる日本人が料理を作っているところもあり、それなりに美味しいのですが、やはりどこかしっくりこないところがあります。

それはおそらく、その土地の風土に和食が完全にマッチしてしないことかもしれません。

普段、私が日本で食べている和食の味と、海外で食べる和食の味には開きがあります。

海外で食べる和食は、その土地に合わせた和風の料理に変わっています。

そのため、いつもの和食のつもりで食べると、どうしても違和感があります。

それは仕方がないことなのですが、和食を堪能するには、やはり風土も必要だと感じました。

日本の風土や気候の中で、和食はさらに美味しさを増すものだと思います。

それとは逆で、海外で現地で人気の郷土料理を食べると、とても美味しく感じます。

しかし、日本でそれと同じものを食べても、それほどの美味しさは感じません。

やはり、その国の風土や気候も調味料の一つになっているようです。

和食を楽しむならやはり日本で・・・

外国人で和食が好きな人もいると思います。

正確には和風の現地料理なのかもしれません。

日本でも洋風の料理は数多くありますが、それは外国の料理ではなく、日本独自で発展した料理です。

外国人に本当の和食の美味しさを知ってもらうためには、やはり日本で和食を味わってもらいたいものです。

そこで和食と一緒に、日本独特の風土や文化、気候なども味わうことができるでしょう。

国によって風土や気候は違いますが、違うからこそ海外旅行をすることによって、日常生活から解放されるのだと思います。

その国の文化や風土などは、その国にいなければわからないこともたくさんあります。

そして、海外に行くことによって、改めて日本の良さを再確認することができます。

今までは日本の中で日本を考えていたことが、海外の目で日本を見ることができるようになります。

日本人とは少し違う日本の印象を知ることができ、新たな発見にもなります。

それは日本をより良い国にしていくためにヒントを得ることができるかもしれません。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ