海外に行って気が付いた!「海外には日本で言うところの寿司屋はない」

海外に行って気が付いた!「海外には日本で言うところの寿司屋はない」sushi

 

日本にいると寿司屋ってあまりにも当たり前の存在で、

「ちょっと寿司屋行ってみる?」

っていえますが、海外(特に西洋の国)に行くと寿司しか出さない所はないんですね。

それは、日本食レストランが寿司とその他を出すという形でやっているのが普通であるということが大きな理由です。

日本食レストランに行くととりあえず寿司、なべ物、焼き魚、麺類なんでも食べることができてしまうのです。

初めて学生時代にカナダでホームステイしにいったときのことです。

友達になったカナダ人が気を使って「寿司食べに行こう」と誘ってくれたことがありました。

ところが私は日本人のくせに生ものが大嫌いだったのです。正直、どうしようか迷いました。

でもその人は自分から寿司食べようと誘ってきたくせに「好物は照り焼きチキン」とか言ってるではありませんか。

なんのこっちゃと思っていたら、結局カナダで寿司を食べに行くということは、別に寿司だけ食べに行くのではなかったのです。

そこのレストランでメニューにある好きなもの食べろってことだったんですね。

だいたい寿司しか出さない日系のレストランなどないのですからそれも当然の話なのかもしれません。

私が日本人だから寿司を食べたがっていると勝手に思い込んでいたらしく、気を使って寿司を出すところに連れて行ってくれたみたいです。

私としては寿司以外にも色々あるのでほっとしました。

日本にいるときに寿司食べに行こうなんていわれると、どうやって断ろうか悩んでしまうので・・・。

香港とかには回転ずしなどありますので、アジアでは寿司だけ食べに行く習慣は定着しつつあるのかもしれません。

でも北米なんかだと、寿司食べ放題の日本食レストランがあったりします。

こんな寿司日本にはないよっていうようなすごい寿司とかでてくることもあります。

巻物の種類もすごいです。

サーモンとクリームチーズとか海苔巻の代わりにアボガドがまいてあったり、辛口マヨネーズがサーモンにからめてあったり・・・。

びっくり仰天するようなメニューです。

カナダで「寿司食べに行こう」といってくれたカナダ人の友達に食事中、

「日本で寿司食べるってことは、寿司しか出さないレストランに行くってことなのよ」

といったら仰天されました。

彼らにとって、寿司というのは日本食レストランで食べられるメニューの一つであって、専門店や専門のシェフが存在することは考えないのでしょうね。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ