サンリオのグリーティングがクオリティー高すぎ!?お正月ver.

サンリオのグリーティングがクオリティー高すぎ!?お正月ver.img_0982

【サンリオは可愛いだけじゃない!大人も楽しめるグリーティング♪】

日本の言わずと知れたキャラクターメーカー”サンリオ”。

サンリオキャラクターはどれもファンシーでゆるっと可愛くてどれも大好き♪

子供だけでなく、大人もトリコにしてしまう魅力満載です。

そして、個人的にサンリオグッズの中でオススメなのが、クオリティー高すぎな

グリーティングカードなのです。四季折々のグリーティングが発売されていて、

ハロウィンやXmasにまつわるモチーフものがいっぱい出ていますが、

今年のお正月は、収納にかさばらないグリーティングカードをお飾りにしています。

img_0984

京都・伏見稲荷の千本鳥居をモチーフにした、”飛び出す絵本”みたいなグリーティングカード。

これをお店で見た瞬間、ヒトメボレしてしまいました。カードなので

パタンと折りたためば薄い紙になってしまう。価格もお手頃で、作りもいいので

紙製とはいえ、数年は楽しめるんですね。

ふだんキャラクターものがあまり好みでない方でも、

このチラッと覗く着物姿のキティちゃんに心が揺れることでしょう。img_0985

見てください、この奥行き感・・・!

この伏見稲荷の居並ぶ鳥居は、よくアニメなどでも用いられますよね。

「一度訪れてみたい!」と思う人も多いのでは?(私もその一人)

外国人観光客に人気のスポットでもあります。千本鳥居とは言いますが

じつは1万基以上もあるそうで、この鳥居を”通る”という語呂合わせから、

願いをかなえるために通り抜ける場所なのだそう。

赤く奥まった鳥居の向こう側は”幽界である”とも言われていて、

鮮やかな朱塗りの鳥居が連続する様子は、ちょっとこの世のものでない感じもします。

【サンリオグリーティングには、キャラのないモノも多い!】

サンリオのグリーティングカードはけっこう持っていますが、

贈るというよりも自宅で楽しむために買っている感じです。

さいきん気づいたのですが、サンリオから出ているカードなのに

キャラクターがどこにも見当たらないカードが意外と多いんですね。img_0986

たとえばこれ。いかにもお正月テイストな日本の城モチーフカード。

なかなか立派ですよね。大阪城っぽいですが、架空のお城だそうです。

これなんて、どこにもキティちゃんやポムポムプリンは載っておらず、

それなのにサンリオ製なんですね。ちっともサンリオっぽくないんです。img_0988

これ、二つ折りになってるんですが、

若干立体的な作りになっていて、お城の構造(架空)と部屋の呼び名、

英語訳が描かれています。「へぇ、英語ではこう呼ぶんだ!」と勉強になります。

左側はお勉強ページ、右側はどういう人が住んでいたかが載っています。img_0990

「足軽」は”Low-ranking soldier”、

「家老」は”Senior statesman”。すごい訳です(笑)

上級武士は”Hi-ranking samurai”となっていますね。

これが公式訳なのかどうか分かりませんが、直訳って面白い!

横文字にすると、日本語の印象がガラリと変わるのが興味深いですね。

このカードがサンリオ製だなんて、口にしなければ誰も気づかないでしょう。

ちまっとした紙細工が好きな方にはたまらないお正月グリーティングでした♪

今年も、昨年に増してステキな1年になりますように・・・☆



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ