海外と日本のトイレの違いについて

海外と日本のトイレの違いについてa1030_000318_m

海外にいて痛感した日本の良い所、悪い所!日本の物について

今まで何回か海外へ行ったことがありますが、海外日本トイレの違いに驚いたことがあります。

まず、海外と日本とでは、清潔感が全然違いました。

5カ国くらい海外旅行に行きましたが、中国のトイレは特にひどかった ですね。

北京空港やその他のホテルのトイレを利用したのですが、 見た目は綺麗なんですがアンモニア臭がしました。

掃除をしてないというのか、利用者数が多いのかよくわかりませんが、強烈なおしっこの臭いがしました。

これは、どこでも似たような感じでしたね。

a0002_001060

 海外のトイレは、床も汚いところが多かったです。

海外のトイレにも、ゴミ箱が設置されていますが、周りに溢れるほどのゴミがありました。

日本では、このようなトイレをめったにお目にかかれません。

a0006_000620

日本では、便座式のトイレを利用するときにアルコールで消毒できたり 便座に薄い紙を載せて用を足せるようになっているところがあります。

日本の感覚で海外のトイレにいくと痛い目にあいますね。

私も大便をするときに、海外の便座を利用するのは抵抗がありました。

私の宿泊したホテルが便座式だったので、携帯用のウェットティッシュで拭いて利用しましたからね。

また、海外では、用をたした後に水を流す時も注意が必要です。

蓋があれば蓋をすればいいのですが、ないような場合に日本と水の勢いが違うのかかなり周りに飛び散るのです。

これは男性用のおしっこをするところも一緒です。

a0002_002305_m

私の自宅のトイレはウォシュレットが付いているのですが、海外ではあまりみかけません。

切れ痔になりやすい私は、大便の時はウォシュレットを使うようにしています。

デリケートな部分の皮膚に優しいし、綺麗になるからです。

テレビ番組でみたのですが、日本のウォシュレットが海外でも人気になっていると いうことです。

私も実際に使っているので納得ですね。

日本のTOTOというメーカーが有名ですが、このメーカーが便器に塗る新しい塗料を開発 して水を流さなくてもいいような商品を作ったということです。

表面の撥水がすごく、尿が水を流さなくても排水されるという仕組みらしいです。

こういった細やかな技術が高いのが、日本の特徴でもあると思います。

たかがトイレと思いがちですが、海外のトイレ日本のトイレを比べた場合、かなりの違いがあったのです。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ