アジアを旅して知った「日本」とのトイレの違いにびっくり!

アジアを旅して知った「日本」とのトイレの違いにびっくり!N879_gakkounotoire_TP_V

海外にいて痛感した「日本のトイレ」「海外のトイレ」事情

今まで、ハワイが好きで何度も旅していますが、最近はアジアがブームとのことで、韓国やタイにシフトしています。

つい最近もバンコクを旅したばかりです。

バンコクは親日国で街の人々もとても優しく、気候も適度な湿度で好きな国の一つではあるのですが、日本と比較するとどうしても譲れない点がいくつかあります。

一番は、トイレ事情です。

日本では、当たり前のようについているウォシュレット高級デパートや新しくできたショッピングセンターにしかありません。

また、トイレットペーパーも硬くて使いにくいです。

排水設備がまだ十分に整っていないせいか、流さずに、備え付けのごみ箱に入れるという習慣があります。

トイレットペーパーやティッシュの質が悪いことも大きな要因ではありますが、日本のトイレの流せるポケットティッシュは重宝しました。

トイレ事情は、韓国も同じです。

流さないでごみバケツに入れることが悪臭を生み衛生環境の悪化を呼んでしまうことも多々あります。

バンコクのトイレの横に小さめのシャワーホースが備え付けてあることが多いです。

タイの人々はとても綺麗好きでお尻を洗うことが大好きです。

お尻を洗うことにも使いますが、便座を洗い流すことにも使います。

初めは、それを知らなかったので、水滴のついた便座が汚くてとても嫌な感じがしました。

事情がわかっても、そこだけは受け入れられませんでした。

C845_danshitoire_TP_V

トイレでのマナーが国のバロメーターを表す?!

日本では、座る前に便座を拭いて綺麗にする器材が当たり前のようについていますが、決して当たり前ではないのだとわかります。

また、駅にトイレは全くありません

日本のように、駅構内に誰でも自由に利用できるトイレはありませんでした。

安全上、作らないのか、単純にそこまで求められていないのかわかりませんが。

もう一つ、日本の良いと思う点は、トイレの順番をきちんと並んで静かに待つところです。

小さい子供がいれば譲りあうというのも日本ならではのことだと思います。

人間にとって不可欠なトイレ環境は、その国を表すバロメーターのようなものではないでしょうか。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ