タイ「バンコク」で痛感した【日本のタクシーの安心】

タイ「バンコク」で痛感した【日本のタクシーの安心】MKJ_kyakumachinotaxi_TP_V-1

日本の「タクシー」とタイの「タクシー」を比べた結果

タイ・バンコクのタクシーは「危険」「ぼったくり」「車両が古い」など、何かとよい噂は聞きませんが、私もバンコクのタクシーを利用するたびに「日本のタクシーは高いけど素晴らしい!」と痛感します。

まず、バンコクでタクシーに乗るとき、もちろん自動ドアではありません

自分でドアを開けて、運転手に「○○まで行ってくれますか?」と聞かないと乗り込めません。

運転手に主導権があるのです。

自分の行きたくないところなら容赦なく「乗車拒否」をしてきます。

運よく1台目に乗り込むことができることもありますが、道路でタクシーを止めるときは数台に行先を言って聞いてみる覚悟が必要です。 

PAK86_taxinaka15075427_TP_V-2

タイのタクシーの「ご用心」

次に乗車したら、メータータクシーなのにメーターを使わない運転手が結構います。

自分から「メーターを使ってね」と言わないと、降りる時にメーター使用時よりも明らかに高い料金を言ってきます。

それか、行先を言って乗車してから運転手から「○○バーツね」みたいに言われます。

その提示された金額に同意できなかったら、その場で降ろされます

雨降りの日はなぜか決まりがあるかのように、メーターを使わない運転手の多いです。

日本のタクシーでは余程のことがない限り乗車拒否はありませんよね。

ドアも自動で開閉ですし、何も言わなくてもメーターを使ってくれます

PPW_yuugurenonihonbasi_TP_V

日本のタクシーは素晴らしい!

タクシー会社によりますが、会社名と運転手名のカードが入ったポケットティッシュをくれるところもあるので、もし、タクシー内に忘れ物をした場合も連絡するのに役立ちます。

車両も見るからに古い清掃もしていないタクシーは滅多に見かけません。

バンコクではボディーのへこんだ車やガムテープを貼り付けて走っているタクシーも見ます。

バンコクのタクシー運転手は、早く目的地までお客さんを運んで次のお客さんを乗せたいので、トヨタカローラクラスの中型車で結構飛ばします。

渋滞の中でも車線変更をしてすり抜けていくのが上手いですが、乗っていて怖さを感じます

聞いた話ですが、特に夜間は女性の一人乗りは危険です。

バンコク中心地の街中から少し外れると、知らないところへ連れて行かれることも頻繁にあるようです。

これは言葉の話せない旅行者に限ったことではなく、現地のタイ人でも恐れていることです。

日本ではタクシー運転手が乗客を知らないところに連れ込むなんてことはあまりニュースにもならないので、この点も日本のタクシーは安全だな、と思います。

料金に関してはバンコクのタクシーの4~5倍しますが、すべての面でタクシーは日本の方が良いな、とバンコクに行く度に感じます。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ