日本の原風景を思わせる学校で習う歌3選!歌詞が秀逸すぎる

日本の原風景を思わせる学校で習う歌3選!歌詞が秀逸すぎるtaki-rentarou

【子供のころは何とも思わなかったのに・・・】

学校で習う、数々の日本の名曲。

子供時代は「授業で習うから」「テストに出るから」と義務的に聴いていましたが

大人になってみると、メロディーと歌詞が心に染み入るよう。

(トシを取った証拠ですね^^)

文部省とか唱歌とか、そういう堅そうな枠を外して聴いてみると、

日本の原風景が、美しい日本語と哀愁漂う旋律で綴られています。

日本特有の景色の色のコントラストみたいなものが、まぶたに浮かんできませんか?

「歌詞が古語で固い、古めかしい、難解」などの理由から、

音楽の教科書からどんどん消えていくこれらの歌ですが、

日本人の魂を震わせるような良曲なので、ぜひこれからも採用し続けて欲しいところです。

個人的に、とくにオススメしたい日本の歌3選を載せてみます^^

◆『朧月夜~おぼろづきよ』◆

作詞:高野辰之、作曲:岡野貞一

菜の花畑の一面の黄色と、だんだんと薄暗くなっていく空や雲、

そこにぽっかりと浮かぶ朧月(おぼろづき)。

春の日暮れの風景を、美しい柔らかな日本語で歌っています。

「朧月」とは、春の空に月が霞んでいる情景を指します。

大正3年から小学校唱歌として親しまれている名曲。優しい風景ですね。

◆『荒城の月』◆

作詞:土井晩翠、作曲:瀧廉太郎

重厚感のある物悲しい旋律の明治時代の歌。この歌も教科書から削除されかけましたが

残ってくれていて良かったです。たしかに小学校唱歌にしては、歌詞が難しいですね。

音楽の先生も、この歌詞についてうまく説明するのが大変そうです^^

(私自身も雰囲気で聴いている感じです)

ところで「荒城」(荒れ果てた城)のお城の候補は3つあります。

<1、会津若松城(鶴ヶ城)、2、仙台城(青葉城)3、豊後竹田城(岡城)>

です。現在、この3か所にそれぞれに歌碑が建っているのですが、

作詞した土井晩翠氏が「鶴ヶ城のことである」と発言したことから、

1番が有力となっているそうです。

この曲を聴くと、背筋が伸びるような思いがします。日本の武術をたしなむときのような、

どこか張り詰めた空気になりませんか?思わず居住まいを正したくなるような。

◆『海』◆

作詞・作曲者不詳

この曲も教科書に残してほしい曲。

朗らかな旋律に、端的な歌詞。でもちゃんと情景が伝わってくるのがスゴイ。

作詞・作曲者が不詳っていうのは知りませんでしたね。

大正2年の小学校唱歌です。

【どの曲も、色や情景が鮮明に伝わってくる】

日本の昔ながらの風景が伝わってくるよい曲ばかりですね。

でも、こういう景色もどんどん消えていきます。

菜の花畑も最近あまり見かけなくなりました。昔は至る所に菜の花畑が散在していたんですけどね^^

でもやっぱり朧月夜を聞くと、日本人の心象風景として

誰の記憶の奥底にも、何か感じられるものがあると思います。

新しいJ-POPにも好きな曲はたくさんありますが、

こういう古き良き曲も同時に大事にしていきたいところです。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ