海外とは大違い!日本のお風呂文化が素晴らしい!

海外とは大違い!日本のお風呂文化が素晴らしい!onsen_saru

日本と海外のお風呂の大きな違いは・・・

海外旅行へ行くと、ホテルは大体バスタブとトイレが一緒になったユニットバスタイプのものです。

日本でも1人暮らし用の住宅ではユニットバスタイプがありますが、大抵はトイレとお風呂が別々になっています。

海外でバスタブがあるところはまだいいのですが、シャワーだけのところもあります。

バスタブとトイレが一緒だと、お風呂にゆっくりつかって体を流してから、またお風呂に入るということができません。

また、水圧やお湯の温度も一定ではない海外のホテルも多いのです。

海外のホテルでシャワーの水圧が弱く、しかも冷たいお湯しか出てこなかったことがありました。

慣れない英語でホテルのフロントに電話をかけたりと対応が大変です。

すぐにフロントの方が来てくださり、直してくれましたが、このようなことは海外ではよくあります。

ですので、海外でホテルを探す時には、口コミでお風呂事情を見るようにしています。

入るとゆっくりできるのが日本のお風呂

海外に行くと、日本に帰ったらゆっくりお風呂に入りたいなと思ってしまいます。

日本では、ホテルや旅館ではトイレとお風呂は別々ですし、温泉がついているところもあります。

湯船にゆっくりつかると、疲労回復の効果や血行促進などのさまざまな効果があると言われています。

また、日本の温泉には泉質ごとに効能があります。

外国のお友達が日本に遊びにくると、よく温泉に連れていきます。

最初は温泉に抵抗があったようですが、今ではすっかり慣れ、足湯なども楽しんでいます。

やはり湯船につかると、疲れがとれて気持ちがいいと言っていました。

また、温泉で浴衣を貸してくれるところもあります。

海外の方は日本=着物というイメージがあるようです。

ですが、なかなか着物が着れる場所はありません。

ですが、こういった温泉場で浴衣を着ることができるので、とてもうれしそうにしていました。

海外からの旅行者で温泉地に行く方は年々増えているといいます。

このように日本のお風呂や温泉は、海外にはない素晴らしい文化です。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ