吉田カバンこそ日本の誇る真のジャパンクオリティーだ!

吉田カバンこそ日本の誇る真のジャパンクオリティーだ!japan

いまや、国内でも”日本製”のほうが珍しくなってきたアパレル商品。

10年前、20年前だと日本製のファッションアイテムは

そこかしこに溢れていたのに、今は影をひそめてしまった様子。

服やバッグのタグを見ると、ほとんどが海外製品です。

ここ10年ほどは中国製・韓国製が占めていましたが、

さいきんはユニクロ製品を見てもベトナム製、カンボジア製など

今までに見ない国の名が並んでいます。

【日本製品はどこへいった?】

こないだ韓ドラで「この肉は国産なのよ」というセリフを見かけましたが、

やっぱりどこの国でも、自国の品が一番なんですよね^^

私も「日本製」「MADE IN JAPAN」の文字を見ると

それだけで嬉しくなります。品質に信頼がおける気がして。

さて、この間、吉田カバンのトートバッグを家族が買ってきました。

ビジネス用なんですが、とにかく造りがいいです^^

どんな重いものを入れても耐えられるのが、ひと目見て分かるほど上質。

眺めてホクホクできるタイプの長持ちバッグ。1つ買えば、

2つ3つと次々に欲しくなるほどの出来栄え。

【吉田カバンといえばポーター。シンプルで品質最高】

porter

吉田カバンの自社ブランド「PORTER(ポーター)」。

誰もが知る安定の人気ブランドです。

シンプルで飾り気がなく、クールなデザインなので、

タウンユースからビジネスシーンまで幅広く活用できます。

女性用レーベル「PORTER GIRL」もありますが、

メンズであってもユニセックスで十分使えるのが嬉しい。

私もポーターの黒財布を長く愛用していますが、まったく劣化せず、

キャンバス地だろうとナイロン地だろうと、本当に長持ち。

それもやっぱり吉田カバンが、海外に製造を委託することなく

すべて国内で作っているからこその品質なんでしょうね。

porter2

日本国内での製造へのこだわり。

それが人気&ブランドへの信頼につながっていると感じます。

大手バッグメーカーが海外へ委託する流れの中で、

初志貫徹するあたりが本物志向の証ですね。

吉田カバンさんには、これからも末永く国産を貫いていって欲しいです。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ