英語で「Thank you!」って言われたときの返事が・・・

英語で「Thank you!」って言われたときの返事が・・・kuukou

【空港にて、白人機長さんにお礼を言われた。その時・・・】

先日、乗る予定の飛行機が飛ばず、

カウンターに払い戻し手続きの長蛇の列ができました。

そんなとき、飛行機を飛ばせず降りてきた白人男性の機長さんが、

長蛇の列に向かって直角に歩いてくるのが見えたので、

キャリーバッグを引いて通り道を作りました。(誰でもする行動ですよね)gyouretsu

すると、機長さんが私に向かって「Thank you!」と大きな声で

お礼を言ってくださったんですね。(ビックリ)

こういうとき、日本人なら「すみません」とか黙礼とかで通っていかれるはずが、

ものすごくハツラツと目を見ながら「Thank you!」と言われた。

私、ものすごく動揺してしまいました。「何か返事しなきゃ・・・!」と。

ojigi

そして、とっさにとった行動が、深々としたお辞儀でした。

ビジネスシーンのように深く正しいお辞儀・・・。いかにも日本人です。

もう、ホント自分がイヤになりました。なんて堅苦しい。しかも、

なんの一言も発せず、いかにも日本人な場違いな礼で返してしまった。

ちゃんとコトバで返したかったんです。でも、なんて言えばよかったのか?

【そのとき頭に浮かんだのが”You are welcome”】

poor

この現代で、教科書どおりの英語しか使えない自分が悲しいです(笑)

軽いノリで言われた「Thank you!」に対して、どう答えるのが自然なのか?

中学生レベルで止まったままの私の英語脳には、

「You are welcome」しか出てこなかった。

たぶん、You are welcomeは堅苦しい。だから、この場合はちょっと変です。

で、「どういたしまして」の軽ノリバージョンを調べてみると、

「Sure. 」や「You bet.」などの「もちろん!」というニュアンスの言葉がありました。

「Sure」・・・そういえば習ったのに、ぜんぜん応用できてない。

ほかにも「Not at all. 」や「No problem.」、「It’s nothing」があるそうですが

英語で話しかけられるというだけで、なぜか冷や汗モノの私。(チキン)

「瞬時にこのくらいの軽ノリ会話が交わせたら・・・」と思いつつ、

次またこういう機会があったら、お辞儀してしまいそうで怖いです( ´艸`)



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ