日本の公衆トイレは世界に誇れるほどすばらしい

日本の公衆トイレは世界に誇れるほどすばらしいa0960_004078_m

日本の公衆トイレが大好き!

私は日本の公衆トイレが大好きです。

公衆トイレの建設に携わった人、いつも清掃してくれている人、綺麗に使ってくれる人など・・・

公衆トイレに関わっているすべての人を尊敬しているほどです。

私がこう考えるようになったのは海外旅行での経験からです。

特に中国でのトイレに対するカルチャーショックは相当なものでした。

日本の公衆トイレはひとつずつ個室として区切られており、ドアにも鍵がかけられるようになっていますよね。

しかし中国の公衆トイレは違います。

たとえば空港や五つ星ホテルなどのトイレは本当に綺麗で清掃が行き届き、しっかりした個室になっています。

しかし、都心部から一歩外へ出ると、日本人にとっては地獄のような光景が広がっています。

私が雲南省の昆明を旅したとき、かなり安価なホテルに宿泊しました。

そのホテルには部屋に備え付けのトイレがありませんでしたので、仕方なく共同トイレを利用することになりました。

そこで衝撃の光景を目の当たりにした私は、しばし固まってしまいました。

共同トイレなのに、個室どころか仕切りすらありません。

フルオープンです。

まるで地面に穴が開いただけのような便器がひたすら並んでいます。

全員の排泄の様子や下腹部の様子がバッチリ丸見えです。

トイレットペーパーは基本的に付いていないので、トイレ入り口前の自動販売機で購入しなければなりません。

それだけでなく、トイレットペーパーは水で流せないため、拭いたあとは備え付けのゴミ箱に捨てることになります。

ですが、そのゴミ箱もきちんと清掃されておらず、見えてはならない茶色いものや黄色いものがバッチリと。

酷いときにはゴミ箱の側面にべったりと…。

日本のトイレはすばらしい!

それに比べて日本のトイレは天国です。

例えば中央道や東名高速など、最近の高速道路のSAトイレはトイレットペーパーが付いています。

便器の前に立つだけで自動でフタが開きますし、乙姫のような排泄音をかき消してくれる機能もあります。

そして何より気軽に水が流せます。

冬季の便座は温かい上、手洗い場も冬は温水が出て、風圧で手を乾かせる機械もあります。

しかも、どこのトイレが空室なのかひと目でわかるように、扉の開閉でランプが付く機能まで備わっているのです。

トイレ行列を解消することまで考えてくれています。

これは海外から見たら奇跡なのです。

この公衆トイレになら住める、と思えるほどの 清潔さなのです。

トイレに限らず日本人は綺麗好きで有名ですが、やはりトイレは日常生活で絶対になくてはならないものです。

それだけに、あまりにもプライバシーに配慮がないとか不衛生だとそれだけで精神的に凹んでしまいますよね。

日本の公衆トイレは素晴らしい。

そのことを肝に銘じて感謝しながら、綺麗に利用したいものです。



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ