【勝新太郎の”真剣”事件】迷宮入りした<謎多き死亡事故>

【勝新太郎の”真剣”事件】迷宮入りした<謎多き死亡事故>zatouichi

座頭市撮影中の不幸な死亡事故のナゾ。いまだに解明されず

映画「座頭市」といえば、”勝新”こと勝新太郎

彼ほど豪胆な雰囲気の俳優さんは、後にも先にもなかなか現れるものではありません。

お若い頃の演技にも、年を重ねられてからの演技にも、

それぞれの年齢ごとの魅力があり、観ていて楽しい俳優さんです。

それだけに、勝新太郎さんの息子さんの”あの事件”は衝撃的。

いまだに解明されていない、ナゾ多き事件と言えるでしょう。

◆座頭市の真剣事件のナゾ◆

勝新太郎さんの息子さんである「奥村雄大(おくむら たけひろ)」さん(現・鴈龍さん)は、

父・勝新さんが監督をつとめる映画「座頭市」がデビュー作でした。

その華々しいはずのデビュ―作撮影時に、不幸な事故は起こります。

なぜか、撮影現場には模造刀に混じって真剣が置いてあり、

この真剣で、奥村雄大さんは斬られ役の俳優さんを実際に斬ってしまい、

死なせてしまったのです。

殺人なのか事故なのかが争点となりましたが、結局事故扱いとなりました。

奥村さんは謹慎となり、現在はふたたび俳優として活躍されているのだとか。

なぜ撮影現場に真剣が?なぜ奥村さんは気づかなかった?

nihontoh出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/

この事件、撮影時にスタッフさんが、

「真剣を現場におくことで、リアリティーを追求した」ということで決着。

その真剣を誤って手にした奥村さんが、撮影の合間に相手の首に刀を振り下ろしてしまった。

つまり、不幸な事故として一件落着してしまったのです。

 

これ、下手をすれば殺人事件になっていたワケですが、

やはりこの事故にはさまざまな噂が飛び交いました。

まず、真剣ってすごく重いです。

模造刀は軽々と扱えても、真剣なら手にずっしり来るハズなんですね。

たとえ素人であっても、その違いは手にするだけで気づくと思うんです。

でも、奥村さんはなぜか、それを振り回していて、

相手の俳優さんを斬ってしまった、ということになっています。

(※殺陣(たて)の練習中の事故、という説もあります)

だけどそもそも、撮影現場に真剣があること自体がおかしい。

いくら臨場感を出すためとはいえ、現場のスタッフさんが

模造刀の中に真剣を混ぜる、という危険行為をわざわざ冒すでしょうか?

「誰かが真剣をこっそり混ぜたのでは」という陰謀説まで浮上しましたが、

実際のところはどうだったのか・・・。

模造刀であれば、撮影の合間に斬り合うフリをしてふざけることもあるでしょうが、

真剣でふざけていた、となると大問題ですよね。

でも、この映画「座頭市」は、奥村さんにとってデビュー作でもある大事な作品ですし、

自らの手を血で汚すようなことも考えにくい・・・。

ますます深まる謎。

映画「座頭市」はけっきょく、無事公開に至りましたが、

なんとも後味の悪い事件となりました。

1989年の出来事ですから、もう真相は闇の中です。

関連記事:ハリウッド映画「47RONIN」があまりにも間違っている件(笑)

関連記事:そんなバカな!なB級映画『エイリアンvsニンジャ』世界へ羽ばたく



スポンサードリンク



この記事の最上部へ

【JOYJOY☆JAPAN】トップへ

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ